Blogブログ

調布市仙川の美容室 春の空のブログ

縮毛矯正毛にはデジタルパーマとの相性がいいんです!

縮毛矯正、デジタルパーマ

縮毛矯正をかけた髪の毛(縮毛矯正毛)にはパーマがかからないなんていう話もありますが、
それは全て正しいとは言えません。

縮毛矯正毛にももちろんパーマをかける事ができて、
可愛らしいパーマスタイル(髪型)を作る事も可能です

しかし、それには縮毛矯正との相性というものがあります

縮毛矯正をかけている髪の毛にはどんなパーマもかけれるのかというと

答えはNOとなります。

縮毛矯正毛には縮毛矯正に適したパーマというのがあります。
それが今回おススメするデジタルパーマとなります。

縮毛矯正をかけた髪の毛でパーマスタイルを作るにはデジタルパーマが最も適していると言えます

というよりもデジタルパーマでないと、うまくパーマかからないのです。

なぜ縮毛矯正毛にはデジパーがいいのか

なぜ縮毛矯正をかけた髪の毛にはデジタルパーマなのかでしょうか??

それはパーマの中でもデジタルパーマとはパーマをかける際に薬剤と熱を用いるからです。
縮毛矯正というのは【熱】というアイロンを使い、
くせがある髪の毛を綺麗なストレートヘアーにしていく施術です。

薬剤のパワーと熱によってくせを真っ直ぐに伸ばしていきます。

そのようにしてかけている縮毛矯正毛にパーマをかけるには、
それと同じような理論でパーマをしないとカールを付ける事が出来ません

それが縮毛矯正と同じく【熱】を使うデジタルパーマとなります。

熱と薬剤という事は傷む?

この熱と薬剤を使うと聞くと髪の毛を相当傷めるのではないかと
思ってしまう人も少なくないと思いますが、そんな事はありません。

デジタルパーマや縮毛矯正というのは髪質に合わせて
薬の力と熱の力のバランスを見極めストレートにしたり、カールを作ったりしていきます

薬に関してはアイロンとバランスを考慮して弱めに作りますので、
一概にダメージも強いというわけではないですのでご安心ください

デジタルパーマは知識がないとダメージになる

縮毛矯正やデジタルパーマといった【熱】を使う類のものは
知識がないととんでもない事が起きる可能性があります!

それがいわゆるビビり毛と言われるものです。

【熱】の力を使うメニューというのは威力が強かできる分、
一歩間違えるとビビり毛というどうしようもない事になりやすいのが難点なのです

それは美容師の知識がないゆえに起こってしまう事で、
使い方で良くも悪くもなってしまう代物となります。

まとめ

縮毛矯正をかけた髪でもパーマはかけることができます!

【熱】を使いストレートになっている縮毛矯正毛には
【熱】を使いカールを作るデジタルパーマとの相性がベスト!

≪先ほどの記事に戻る

関連記事

店舗情報

住所

 182-0002

東京都調布市仙川町2丁目17-10-1F


電話番号

Tel  03-3308-0650

Fax 03-3308-0651


営業時間

平日10:00~18:30

土日祝10:00~18:00

(最終受付は営業終了時間の一時間前)


定休日 第1,2,3月曜日。毎週火曜日


アクセスマップ

 

予約サイトはこちら

 

新規クーポン

新規クーポン予約はこちら

(お問い合わせなどはこちら)

髪質改善・縮毛矯正に関してはこちら

髪質改善 縮毛矯正 調布市仙川の美容室

 

小顔Cuolに関してはこちら

 

着付け、成人式、七五三に関してはこちら

LINE@で友達登録。トークでいろいろご相談OKです!

調布市仙川の美容室 春の空

@harunosora

お問い合わせに関しましては、営業時間内の対応になることをあらかじめご了承ください。